購入商品を見る マイページへログイン ご注文方法のご案内 お問い合せ お客様のお声、口コミ サイトマップ

樹液シートのご使用方法

樹液シート お客様のお声ページへ


【樹液シートのご使用方法】

 樹液シートの貼り方を、ご紹介致します。

樹液シートと、固定シートを用意します。

 樹液シートと、固定シートを用意します。

固定シート台紙の切り込みから大きい側の台紙を剥がします。

 固定シート台紙の切り込みから大きい側の台紙を剥がします。

 この際に、固定シートが切り離しにくい場合が御座います。その場合、固定シートの両端を持って引っ張って下さい。

 そうすると、固定シート台紙の切り込みがしっかり離れ剥がし易くなります。

白い面が体に付く様に、粘着面に貼り付けます。

 樹液シートは、白い面が体に付く様に固定シートに貼ってください。アルミの印字面が粘着面に付きます。

固定シート台紙の小さい側の台紙を剥がし、体の気になる部分に貼り付けます。

 固定シート台紙の台紙を全て剥がし貼り付けます。貼る場所は足裏以外にも手の平などがおすすめです。

 固定シートにかぶれる場合は、固定シートを使用せずに包帯等で密着させて頂ければ問題御座いません。

樹液シートのよくあるご質問 Q&A

よく有るご質問です。

 樹液シートのよく頂く、ご質問を下記にまとめました。箇条書き部分の気になる事項を、マウスで左クリックください。別画面で説明させて頂きます。

 他にもご質問や疑問が御座いましたら、ご遠慮なく電話FAXお問い合せからご質問くださいね。

樹液シートは、いつ貼った方が良いですか?

    樹液シートは、お風呂上りや寝る前にお貼り頂くのが一般的です。
  •  樹液シートは、いつ貼るのが一番良いですか?
  •  樹液シートは、お風呂上りに貼るのが良いです。理由は、皮膚に油分やホコリが少なく剥れにくい状態であり、体が温まって発汗状態である為に樹液シートが機能しやすいからです。
     日中に貼って頂いても構いませんが、日中は動かれる事が多いので、樹液シートが剥がれる可能性も御座いますのでサポーター等を併用して固定したほうが良い場合も御座います。

     なお、樹液シートは濡れてから特性を発揮します。
     樹液シートが濡れ始めてから数時間は、そのまま貼って頂く程度の時間が良いですね。


樹液シートを貼る場所は、どこが良いですか?

    樹液シートは、一般的には足裏や手先に使われる事が多いです。
  •  樹液シートは、どこに貼るの?貼る場所が分かりません。
  •  樹液シートは、一般的には、

    • 足裏
    • 手の平

     などに使用するのが最良です。要は、体の末端部分が良いです。

     体の末端部が良い理由は、体の末端部分でしかも重力により血液やリンパ液が滞りやすい場所だからです。
     滞る物質は血液やリンパ液だけでなく、それらに含まれている老廃物なども含まれます。

     そして、手の平と足裏は汗腺も多く樹液シートが機能しやすく貼る場所としては一番最良の場所です。

     他の場所に貼る際は、スプレーで水かぬるま湯を3〜4吹き樹液シートに吹きかけてから貼り付けると機能しやすくなるのでおすすめ致します。

     注意事項は、目や耳、鼻の中に樹液シートの液が入らない様にする以外は特に問題は御座いません。
     現在のところ、弊社商品には口に入っても問題が出る様な成分は使用されておりませが、食品では無いので口には入れないでください。
     ※今後展開される、樹液シートの添加物によっては、口に入れない方が良い物もあるかも知れません。

     弊社のお客様のお声にも記載が御座いますが、アトピーの方で、患部に直接樹液シートを貼られておられる方がみえます。使用上としては問題は御座いませんが、樹液シートを貼っている場所以外のアトピーがつられて悪化する場合が御座います。

     上記悪化症状は、全身にジンマシンの様な感じで症状がでます。明らかにおかしいとご自身で判断できる状態です。
     しかし、その様な症状が発生するのは極稀な事です。もし、上記症状が出た場合は、直ちに使用を中止して、弊社や専門医にご相談ください。


樹液シートは、何枚貼った方が良いですか?

    樹液シートは、多数貼った方が満足感が御座います。
  •  樹液シートは、何枚貼るのが良いのでしょうか?
  •  樹液シートを貼った場所が、沢山濡れるなら沢山貼った方が満足感が大きいです。

     ただし、樹液シートを貼る意味をお考えください。

     日々の健康維持の為でしたら、それ程一生懸命多量に貼る必要は無いと思います。

     逆に、体調が悪く回復を願っているのならば使用する樹液シートや使用量には気をかけるべきです。

     性能の高い樹液シートと性能の低い樹液シートでは濡れる量が相当違います。
     その辺りからも、樹液シートの性能が違えば使用量も違ってくる事はご理解頂けると思います。

     性能の高い樹液シートは、1枚でもたくさん濡れますが、性能の低い樹液シートは満足に濡れないため多量に必要です。
     ですから、明確な目的があって樹液シートを使用する場合は商品選びは慎重に進めるべきです。

     体調不良でご使用する場合は、粉末タイプの樹液シートをおすすめ致します。


樹液シートは、何時間貼った方が良いですか?

    樹液シートは、濡れてから数時間付けていた方が良いです。
  •  樹液シートは、どの位の時間貼った方が良いですか?
  •  樹液シートを貼る時間ですが、貼る時間が長ければ長い程良く、濡れ始めてから最低3時間は貼った方が良いです。

     上記理由は、樹液シートは濡れてから特性を発揮する商品です。樹液シートが濡れ始めてから剥がしていたのでは意味がありません。なるべく樹液シートが濡れてから皮膚に付いている時間を長く取った方がお得な使い方と言う事です。

     弊社の樹液シートの場合、中の粉末が無くなるまでお楽しみいただけます。
     起床時に粉末が溶け残っている場合、ビーチサンダルなどを履いて過ごすと床を汚さずに最後まで樹液シートを使いきれます。

     粉末が溶けきったら、ビーチサンダルのままお風呂場に行って足を洗えば良いです。

     長時間樹液シートを貼るに当って、気を付けて頂きたい点は、

    • 同じ樹液シートを、衛生上1日以上は使用しないでください。
    • 貼ったり剥がしたりの再利用は、衛生上お止めください。
    • 弊社樹液シート成分は問題ありませんが、他社様製品については問題ないか不明です。

樹液シートを貼る期間は、どの位必要ですか?

    樹液シートを貼る期間
  •  樹液シートは、どの位の期間貼り続けないと駄目ですか?貼り続ける目安はありますか?
  •  樹液シートの使用期間もご質問を頂く事が多いです。

     お使いになられる期間ですが、基本的には樹液シートが濡れなくなるまでとお考えください。ただし、樹液シートをお使いのお客様全てが全く濡れなくなるわけでは御座いません。

     ここのサイトでは詳しくは記載できませんが、樹液シートを使用し続けると濡れ方も自然に少なくなっていきます。樹液シートの濡れ方が少なくなってきましたら、使用する枚数を減らしたり、日にちを空けてお使い頂ければ結構です。

     樹液シートが完全に濡れなくなった場合は、1週間から2週間位間隔を空けて、様子を見ながらご使用頂ければ良いです。

     樹液シートが濡れなくなるまでの期間は、個人の体内物質量によってかなりの差が出ますので具体的にお答えはできません。

樹液シートは、何枚くらい貼ると濡れなくなりますか?

    樹液シート貼り続けると濡れなくなる?
  •  樹液シートが濡れなくなるまでの平均何枚を教えてください。
  •  樹液シートが濡れなくなるまでの使用枚数は、体の大きさや問題となっている物質量によって変わってきます。

    体の大きさによる体水分量の差
     例えば、子供の体水分率が70%、成人の体水分率が60%と仮定して体重から体水分量を算出する。

    • 子供 体重 10kg 体水分量  7kg
    • 成人 体重 60kg 体水分量 36kg

     子供と成人では、体水分量だけで見ても5倍以上の差がある訳です。問題物質は、水分中に存在しているので体の大きさが違えば、樹液シート必要枚数が違ってくる事はこの時点で何となくお分かり頂けると思います。

    同じ体重での問題物質割合による差
     そして、更にそれぞれの体水分の中に問題となっている物質が1%存在するの場合と5%存在する場合と仮定し、それぞれの問題物質量を割り出す。

    • 子供 問題物質割合 1% 問題物質量  70g
    • 子供 問題物質割合 5% 問題物質量 350g

    • 成人 問題物質割合 1% 問題物質量  360g
    • 成人 問題物質割合 5% 問題物質量 1800g

     上記から、体の大きさが違うだけで同じ割合の問題物質であったとしても大きな差となる事を確認できます。

    問題物質割合の差によるによる問題物質増量重量
     ついでに、同じ体重で体内物質割合が違うと、どの程度問題物質量に差が出るのかを算出してみる。

    • 子供 問題物質割合 1%と5%の差での 問題物質量の差  280g(350g−70g)
    • 成人 問題物質割合 1%と5%の差での 問題物質量の差 1440g(1800g−360g)

     上記比較から見て頂いてもお分かり頂けると思いますが、同じ体重の子供でも問題物質割合が違えば問題物質量が違い、排出されるまでの期間も違ってくるとお分かり頂けると思います。

     そして、成人になると子供と同じ問題物質割合であったとしても問題物質量が桁違いに大きくなります。
     また物質量割合が少し上がるだけでも問題物質量が格段に大きくなります。

     ですから、どの程度の樹液シート量が必要かは個々の問題の大きさが違うので判断ができないのです。

樹液シートが濡れなくなりました。

    樹液シートが濡れなくなった場合は、使用間隔を空けてください。
  •  樹液シートが濡れなくなってきました。まだ、貼り続けた方が良いでしょうか?
  •  最初にお試し頂きたいのは、樹液シートの白い面に水かぬるま湯をスプレーで3〜4回吹きかけてから貼ってみてください。

     季節の変化などで新陳代謝が落ちた場合は、発汗が下がり樹液シートが機能し難くなります。
     この新陳代謝の低下を、スプレーで濡らす事により底上げして樹液シートが機能しやすくしてあげるのです。

     上記方法で濡れ難いと感じた場合は、不要な体内物質が少なくなったのでしょう。

     その場合は、ご使用して頂く日にちの間隔を空けてご使用ください。

     空ける間隔は、1〜2週間位空けて樹液シートを試しに1枚貼って濡れ方を見てみると良いです。

     その濡れ方によって、今後のご使用方法を探っていきます。

樹液シートが、寝ている間に剥がれてきますが・・・

    樹液シートが剥がれる場合は、包帯やサポーターを併用ください。
  •  樹液シートが剥がれます。剥がれない様にする対策はありますか?
  •  樹液シート用固定シートの粘着力は、強からず弱からずが基本です。粘着力を強くすると、剥す時に痛いので、固定シートの粘着力をあまり強くする事はできません。しかし、就寝中に樹液シートが剥がれてくる場合があります。

     そこで、下記の様な対策をして頂くと、固定シートが剥がれずに済みますのでご紹介を致します。

    樹液シートを、足首から下に貼る場合】
     靴下を履いて、樹液シートが剥がれない様に致します。

    樹液シートを、肘や膝の関節部分に貼る場合】
     100円ショップに売っているサポーターを付けて、樹液シートが剥がれない様にします。スポーツ用のサポーターは、キツイので、100円ショップのダ●ソー商品が、程よい大きさと締め付け具合です。

    樹液シートを、お尻から太ももにかけての部分に貼る場合】
     スパッツ等をはいて、樹液シートが剥がれない様に致します。

    樹液シートを、腰の部分に貼る場合】
     腰痛用コルセットを付けて、樹液シートが剥がれない様に致します。

    樹液シートを、手首から先に貼る場合】
     100円ショップのダ●ソーに売っている手の平サポーターと言う物を付けて、樹液シートが剥がれない様にします。
     軍手を付けても良いです。軍手の場合、樹液シートを各指や、手の平に付けても全体を保護致します。

樹液シートが使用後に変色するのは効果ですか?

    使用後の樹液シートが黒くなるのは、濡れて発色しているだけです。
  •  樹液シートは、濡れると何故茶色(黒)くなるのですか?
  •  樹液シートが使用後に茶色(黒)く変色するのは、材料が濡れると本来の色を発色しやすくなる為です。

     衣類の洗濯を思い出してください。

     衣類が濡れると、乾いている時よりも色が濃く見えますよね?あの現象と同じです。使用後に毎回色や濃さが違うと喜んでおられる方もおられますが、粉末を製造する工程で発色する材料を増減させたり発色する材料配合を変えるだけでできてしまうのです。

     樹液シートを販売している業者の中には、使用後の樹液シート色を濃く出る様にして、こんなに毒素が出て真っ黒ですと消費者様を煽っている所も御座いますが、弊社としては、如何な物かと思います。

おすすめできる樹液シートの選び方は?

  •  誰でも判る性能の良い樹液シートの選び方は?
  •  性能の良い樹液シートを、一言で言うと良く濡れる商品である事!

     これ以外は、御座いません。

    良い樹液シートは、非常に濡れます。  右画像は、弊社で一番性能の悪い木酢樹液シートの使用後ですが、漏れた液が固定シートにはみ出しております。
     弊社で一番性能が悪いと言いましても、市場から樹液シートを取寄せ、そのどれにも負けない性能に仕上げております。

     右画像をマウスで左クリック頂くと拡大致します。

     固定シートに赤矢印が記載してありますが、矢印部分は樹液シートから漏れ出した液の境界線です。よく見ると、濡れている固定シートは透き通って肌が透けております。画像向かって左側は、漏れた液で全体的に固定シートが透き通っております。

     漏れ防止については、樹液シートから液が漏れてきます。を参照ください。

     樹液シートが濡れる性能は、製造会社のノウハウで全て決まります。
     濡れる濡れないは、決してごまかす事はできません。

     樹液シートは、濡れた際の液が皮膚に付いて特性を発揮します。ですから、濡れにくい商品では樹液シートの特性も発揮し難いと言う事です。

どのグレードの樹液シートを選べば良いですか?

    樹液シートグレード選定は、色々な選定法が御座います。
  •  樹液シートが3グレードも在り、自分にどれが合うのか判りません。どのグレードのを選べば良いですか?
  •  弊社の樹液シートは、3グレードに分かれています。

     弊社の木酢樹液シートは、アトピーや掌蹠膿疱症などのアレルギー性疾患の方にもお使い頂きやすいお肌に優しい使い心地の商品です。
     木酢樹液シートはお求め頂きやすい価格ですが、お使い頂ければ手抜きをしている商品では無いとお分かり頂けると思います。

     各グレードの使い分けですが、竹酢液配合量が多い樹液シートが良く濡れます。

     ですから、1枚あたりの満足感を得たい方や、とにかく早く結果を出したい方は、竹酢樹液シートをご使用頂くのも良いかと思います。

     樹液シートをお選び頂く上でお気をつけ頂きたいのは、濡れる量が多ければ良いという事でも御座いません。ご自身に合った濡れ量の樹液シートをお求め頂く選び方もあるのです。

     弊社の樹液シートを初めてお使いになられる場合は、取敢えず【お試品】樹液シート 20枚セット/各種(3種)詰合せタイプを選定頂くのが良いかと思います。各グレードの樹液シートが入っておりますので、どのグレードがお合いになるのか1袋で判断ができます。

     個別にもご相談は受け付けておりますので、ご遠慮無くご連絡ください。

同グレード樹液シート内での品種の使い分けは?

    同グレードの樹液シートは、基本的に性能差や用途による違いは御座いません。
  •  同グレード樹液シートに色々な種類がありますが、どう違うのですか?使い分けや違いはありますか?
  •  弊社樹液シートは、各グレード毎に、ヒアルロン酸等の美容成分が添加されている品種が御座います。

     しかし、樹液シートの機能としては何が入っていようが、どこのメーカー製であろうが全く変わりません。

     ですから、ご自身が満足する濡れ方をする樹液シートの性能からお好みでお好きな美容成分の物をお選び頂ければと思います。

     選び方の順番は下記ですね。

    1. どの濡れ方をする樹液シートにするか決める。
    2. お好きな美容成分の添加物を決める。

樹液シートの粉が偏ります。

    樹液シートは、肌に密着させてお貼りください。
  •  貼ろうとしたら樹液シートの粉が偏ります。そのまま貼っても効果はあるのでしょうか?
  •  樹液シートの内部は、粉末の為に偏りが出てしまいます。

     確かに偏り無く樹液シート全体に粉が行き渡っている方が良いです。

     ですが、樹液シートの仕組みから粉末が偏っていても機能するようになっております。
     樹液シートが機能する順序は下記です。

    1. 樹液シートの粉末が汗を吸って液化する。
    2. 皮膚に樹液溶液が付着する。
    3. 樹液溶液が皮膚に付着する事により、樹液シートが機能する。

     上記の様に、樹液粉末が偏っていても樹液溶液が、樹液シートの面全体に行き渡るので問題は御座いません。

     お気を付けて頂きたいのは、樹液シートが皮膚から浮かずに密着している事です。
     皮膚から浮いていると、樹液溶液が付着しなくて機能いたしません。

妊婦ですが、樹液シートを使用しても良いですか?

    樹液シートは、妊婦様にもお使い頂けます。
  •  妊婦ですが、樹液シートを使用しても胎児に問題ないでしょうか?
  •  特に問題は御座いません。

     弊社お客様の中には、出産入院用に樹液シートを持って行かれる方もおられます。

     弊社樹液シートは、薬効成分のある物質を使用している商品ではありませんので妊娠中でも安心です。
     ※他社商品は、内容物が分からない為関知致しません。

     また、樹液シートは強制的に体に作用するような商品でなくお体への負担も御座いません。

     なお、粉末タイプの樹液シートは転倒の恐れなどが御座いますのでご使用はお控えください。

樹液シートは、乳児でも使用できますか?

    樹液シートは、赤ちゃんからお年寄りまでご使用頂けます。
  •  樹液シートは、乳児(赤ちゃん)に使用も問題はありませんか?
  •  特に問題は御座いません。

     弊社商品は、薬効成分を使用した商品ではありませんし、強制的に作用し体に負担をかける商品でも御座いませんのご安心ください。
     ※他社商品は内容物が分からない為関知致しません。

     ただ、樹液シートの中には気を付けなければならない危険な商品も御座います。

     以前、製造場所の変更事案として現在販売中の樹液シートと同じ仕様で作れないか?と海外企業から引き合いがあった事が御座います。

     その樹液シートのウリは、遠赤外線効果で樹液シートを貼ると暖かいと言うものでした。

     実際に使用すると、暖かいどころか熱いのです!
     使用後は、少しヒリヒリする感じが残りました。

     この熱く感じるカラクリは、サンプルが少なく確認はしなかったのですが凡そ察しは付きます。

    • 水和反応
    • 酸化反応

     上記どちらかでは?と思われます。

     弊社の予測では恐らく、水和反応だと思います。

     水和反応で有名なのが、生石灰に水を加えると発熱する現象です。
     生石灰以外にも水和反応を起こす物質はあります。

     この水和反応ですが、温度調整ができないために低温火傷を起こす可能性も御座います。
     低温火傷は、高温火傷と違って深部まで影響が出るので重症となる場合も御座います。

     赤ちゃんは、自分で意思を伝えられません。

     ですから、この様な珍しい機能をうたい人の気を引かせるウリの商品は避けるのが無難かもしれません。

     ちなみに、この商品供給のお話に関しては、他にも色々と商品に問題があった為にお断りを致しました。

     しかし、この商品は東南アジアで人気だそうです。
     騙す側、騙される側・・・ なんとも言えません。

樹液シートを使用しては駄目な場所はありますか?

    樹液シートを目に貼るのはお止めください。
  •  樹液シートを使用しては駄目な場所があったら教えてください。
  •  樹液シートで一般的に使用不可と言われている場所は、

    • 目の周囲
    • 傷口
    • 粘膜

     等が挙げられますが、実際は傷口や粘膜に関しては少し刺激を感じることがある程度で問題が起きた事は御座いません。
     自己責任にはなりますが、アトピー性皮膚炎治療などに必要でしたら傷口などにご使用ください。

     弊社の樹液シートは人体に優しい成分で構成されているので、樹液シート成分が傷口や粘膜に付いたからと言って問題は御座いません。

     実際に問題がある場所は下記です。

    • 目の周辺
    • 耳の穴周辺

     目の周囲は、樹液溶液が目の中に入る可能性があります。

     樹液溶液が目に入った場合、目がしみます。
     樹液溶液が目に入ったら、目をすすいで問題がありそうな場合は専門医へご相談ください。

     耳の穴周辺は、樹液溶液が耳の奥に入ると拭き取る事が大変です。

樹液シートで汚れてしまいました。

    樹液シートの汚れは、ぬるま湯で洗濯ください。
  •  樹液シートから液が漏れて汚れてしまいました。洗濯しても綺麗に落ちません。
  •  樹液シートの汚れは、ぬるま湯での洗濯をおすすめ致します。

     樹液シートの汚れは、使用直後は液状ですが、しばらく時間が経つと固まりだします。その固まった状態で洗濯を行っても冷水だと固まった樹液成分が溶けきれずに汚れが落ちない場合が御座います。

     ですから、樹液シートで汚れてしまった場合は、ぬるま湯で固まった成分を溶かしながら洗濯を行える、ぬるま湯での洗濯をおすすめ致します。

樹液シートは、副作用は有りますか?

    弊社樹液シートには、副作用は御座いません。
  •  副作用が気になります。樹液シートは、何か問題が出ますか?
  •  弊社の樹液シートは、薬成分を使用した製品ではありませんし、無理に作用させているわけでも御座いません。

     ですから、乳児様から妊婦様まで安心してお使いください。

     ただし、販売されている樹液シートの中には、注意が必要な商品も御座います。

     以前、生産メーカー切り替えで販売中の樹液シートと同じものができないか相談を受けた事が御座います。

     その樹液シートは、遠赤外線効果を強調しておりましたが実際は発熱させておりました。

     その発熱が、望んだ温度範囲内に温度管理できる方法でなかった為に使用中に物凄く熱いのです。

     乳児様など、自分の意思を十分に伝えられない方に使用すると熱いなどの意思表示もできないために低温火傷を起こす可能性も御座います。
     低温火傷は、深部まで影響し危険な状態になる場合も御座います。

     ですから、本来の樹液シート性能をウリとして販売している商品以外は避けた方が良いかもしれません。

樹液シートを使用中止した方が良い場合は?

  •  樹液シートの使用を止めた方が良い場合ってあるのですか?具体的な事例も教えてください。
  •  水虫(真菌、カビ)やウイルス性の発疹の際は、樹液シートの使用を中止して病院で受診ください。

     水虫やウイルス性の発疹と言っても、普通の客様には判断ができないと思います。

     ですから、普段と何か違うと思った場合は迷わず医師に診断頂くのが良いです。
     ちなみに、水虫は手の平や足裏などの皮膚が分厚い場所をご想像頂く場合が多いと思いますが、皮膚の薄いその他の場所にも感染いたしますのでお気をつけください。

     アトピー性皮膚炎の方で樹液シートをお使いになられている場合、樹液シートを貼っていない場所のアトピー症状もつられて酷くなる場合もございます。
     その場合は、樹液シートの使用を中止して弊社や専門医にご相談ください。

     上記症例は、極稀です。症状としては、全身にジンマシンが出るような感じになります。

使用後の樹液シートの臭いと体臭が同じ?

    使用後の樹液シートの臭い原因
  •  樹液シートを剥がしてにおいを嗅ぐと体臭と同じ臭いがしますが関係ありますか?
  •  使用後の樹液シートの臭いについては、色々とご連絡やご意見を頂いております。

    • 使用後の樹液シートが、甘ったるい臭いがする。
    • 剥がした樹液シートの臭いと体臭が同じ。

     など、他にも色々とご連絡を頂いております。

     もし、使用後の樹液シートの臭い原因が気になられる様でしたら下記をお試しください。

    1. 樹液シートの縁を少し切る。
    2. 樹液シートの内容物を1/4位、お皿(無臭の物)の上に出す。
    3. お皿に出した内容物に少し水を垂らす。
    4. 水分を含んだ内容物の臭いを嗅ぐ。
    5. 体に貼った使用後の樹液シートの臭いと、4の臭いを比較する。

     以上で、使用後の樹液シートの臭いが何処に由来しているかは判断ができると思います。
     お試しください。

樹液シートの液漏れ防止方法

  •  樹液シートから溢れ出た液が寝具や床を汚します。汚れ防止の対策方法は無いですか?
  •  弊社の樹液シートは凄く濡れるので、初めてお使い頂いたお客様は寝具や床を汚してしまうかもしれません。

     そこで、寝具や床を汚さない方法をお伝え致します。

 樹液シートの液漏れ防止方法のご紹介致します。

濡れ漏れ防止用のご紹介です。

 液漏れ防止用に、固定シートよりもやや大きめの液漏れ防止材を作ります。

 液漏れ防止材は、ペットシーツやビニール(レジ袋可)や紙で問題御座いません。紙の場合は、貼り付けた後に歩き回ると破れる場合がありますのでお気を付けください。

固定シートの四隅を三つ折します。

 樹液シートを貼り付け、固定シートの四隅を三つ折にします。

固定シート三つ折部分に、漏れ防止材(ビニール、紙等)を貼り付けます。

 漏れ防止材を、固定シート四隅の三つ折部分に貼り付けます。

 漏れ防止材を貼り付けた後に、靴下をはいて剥がれるのを防止します。

 ※固定シートの上から液漏れ防止材を医療用テープで留めてもかまいません。その場合は、2番目の四隅の三つ折工程は必要御座いません。

固定シート部分に漏れてきても汚れません。

 漏れ防止材は、効果的面です。
 靴下に、液漏れによる汚れがありません。

 写真の赤矢印部分が、漏れ出た液で濡れている範囲の境界線です。
 液漏れ部分は、固定シートが濡れて透き通っています。

 なお、起床後に足を洗いに浴室に移動する場合は、ビーチサンダルなどを履いて移動するのも床も汚さず移動できます。
 汚れたビーチサンダルも浴槽で一緒に洗えます。

樹液シートは臭いですか?

    弊社樹液シートは低臭です。
  •  昔、樹液シートを使用した事があるのですが臭いが苦手でした。こちらの樹液シートも臭いですか?
  •  弊社の樹液シートは、臭いが控えめで、樹液シートでありがちな燻製臭(煙っぽい臭い)が苦手な方にも気にせずお使い頂ける商品です。

     良い機会ですから、樹液シートの臭いについても少しお話を致します。

     樹液シートは、原材料の木酢液や竹酢液の臭いが元となります。
     燻製と言うかスモーク(煙)臭みたいな感じの臭いです。

     この臭いですが、

    • 原材料(木酢液、竹酢液)
    • 原材料の処理及び粉末化技術

     上記が、主に臭気の強さを決めます。

    【原材料から来る臭気】

     原材料から来る臭気は、タール成分の処理が甘い木酢液や竹酢液だと臭いが強くなる傾向があります。

     また、竹酢液と木酢液にも製品品質のグレードがあり、同グレード同士の場合は木酢液の方が臭いが強くなる様です。

    【原材料の処理及び粉末化技術から来る臭気】

     樹液シートの性能は、簡単に言うと竹酢液や木酢液の濃度が濃い粉末を如何にして作るかで決まります。

     燻製臭のする多量の原材料を使用するのですから、当然燻製臭も強くなります。
     ですが、臭いを気にして原材料を減らすと樹液シートの性能も落ちます。

     臭い控えめの高性能樹液シートは、何気に製造ノウハウが必要なのです。

樹液シートに刺激を感じます。

    樹液シートに刺激を感じる場合も御座います。
  •  樹液シートに刺激を感じるのですが使用を中止した方が良いですか?少し心配です。
  •  弊社の樹液シートをお使いになられた際に、刺激などを感じる場合が御座います。
     刺激を感じる場合は、下記が該当すると思われます。

    • お肌に傷がある場合。
    • お肌が敏感な場合。

     上記条件の場合に、刺激を感じる場合が御座います。

     お肌が敏感で刺激を感じる場合、ご使用頂いている製品よりもグレードを下げると刺激も少なくなります。
     弊社樹液シートの刺激は、性能の高さから感じている為、性能を落としてあげれば良いのです。

     弊社製品を使用しての刺激は、薬品に侵される様な刺激では御座いませんからご安心ください。

     ご使用中に刺激を感じられても、我慢できるレベルでしたら、そのままご使用頂いていても問題は御座いません。ただし、他にも違和感を感じる場合は、直ちにご使用を中止して弊社や専門医にご相談ください。

粉末タイプ樹液シートのご使用方法

 粉末タイプ樹液シートの用途ですが、

  •  手先や足先を全体にお手入れする際に最適です。
  •  背中のニキビ等、広範囲のお手入れをする際にも粉末タイプ樹液シートは最適です。

 下記では、手先のお手入れ方法についてご紹介致します。

粉末樹液シートを手に付着させます。

 手を湿らし、粉末タイプ樹液シートを付着させます。

 手は、濡らしすぎてもいけません。写真の様に、粉末が乾燥状態で付着するのがベストです。適度に濡らすには、霧吹きを使用すると良いです。

手にビニル手袋をはめます。

 粉末を手に振り掛けたのち、ビニル手袋を被せます。その上から、軍手をはめて準備完了です。

 この際に、手に付着した粉末の量が少ない場合は、ビニル手袋の中に直接粉末を入れてください。

 粉末の量は、多過ぎても少な過ぎても問題があります。起床前の1時間位前に溶け切る位が最適量です。

粉末樹液シートの使用後です。

 粉末タイプ樹液シートの使用後です。

 この様に、広範囲でも目的の場所を簡単にお手入れできます。粉末タイプは、使用場所が広範囲の場合や使用部位が複雑形状の場所に最適です。

この様に、お手軽に広範囲をお手入れできます。

 一般的な樹液シートでは部分的にしかケアできない場所でも、目的の場所全体をお手軽にケアできます。

 背中のニキビ等は、幅広のビニルシートを使用してお手入れください。

ページトップへ