購入商品を見る マイページへログイン ご注文方法のご案内 お問い合せ お客様のお声、口コミ サイトマップ
RSS

竹酢樹液シートのお声、口コミ6

竹酢樹液シート 口コミ、ご評価、ご感想


   
竹酢樹液シート
おすすめ度 ★★★★★らら様2012-08-10 23:55:44
手の甲にぶつぶつが出来て、竹酢シートを数日貼っていたら広がってじゅくじゅくになってしまいました。
やっぱり竹酢シートってすごいなぁと変な感心をしています。足の甲の湿疹にも貼るとしみるので、肌の状態によっては無理して竹酢はだめだなと実感しました。
ついつい早く治したい!と思ってしまうので、気長にやっていこうと思っています。
お店からのコメント
2012-08-16
らら様、竹酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m
また、弊社からのお返事が遅くなりまして誠に申し訳御座いませんでしたm(_ _)m


 >手の甲にぶつぶつが出来て、竹酢シートを数日貼っていたら広がってじゅくじゅくになってしまいました。
 >やっぱり竹酢シートってすごいなぁと変な感心をしています。

 竹酢樹液シートは、アレルゲンを吸い出す力が強い為に炎症も大きく出る場合が多いです。

 ですから、湿疹治療の場合は焦って治そうとせずに気長に治す気持ちが重要だと思います。



 >足の甲の湿疹にも貼るとしみるので、肌の状態によっては無理して竹酢はだめだなと実感しました。
 >ついつい早く治したい!と思ってしまうので、気長にやっていこうと思っています。

 そうですね(^-^)

 早く治したいと高グレードの樹液シートをお選び頂く方も多いですが、良い結果が出ない事が非常に多いです。
 高グレード樹液シートを使用する場合、下記の現象が多く出ます。


  ・吸い出されたアレルゲンにより炎症が酷く出る。
  ・炎症部分に貼ると刺激を感じる。


 樹液シートは、体内アレルゲンを吸い出して湿疹が発症できない状態にします。
 しかし、アレルゲンが皮膚上に吸い出されますから皮膚上でアレルギー反応を起こします。

 この為に、見た目の炎症は酷くなります。
 ですが、体内アレルゲン量は減っておりますから実際の症状は軽症化しております。


 あまり焦って早く治そうとせずに、気長に治療して頂ければと思います(^-^)


 ご相談は、何時でも電話やEメールでご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

   
竹酢樹液シート
おすすめ度 ★★★★★らい様2012-08-10 23:41:04
足は普段粉末なのですが、休みの前日にシートを3枚足の裏に貼ります。次の日ダラダラしていても足を洗う必要もなく、粉末と違って家の中をうろうろ出来るので、休み用に必需品です。
お店からのコメント
2012-08-16
らい様、竹酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m
また、弊社からのお返事が遅くなりまして誠に申し訳御座いませんでしたm(_ _)m


 >足は普段粉末なのですが、休みの前日にシートを3枚足の裏に貼ります。

 弊社の樹液シートは、中の粉末が無くなるまで効果が続きます(^-^)
 ですから、休日は中の粉末が無くなるまで貼り続けると良いです。

 樹液シートを貼り続けると、固定シートの部分から液が漏れてくると思います。
 この液は、ペットシーツを適度な大きさに切って固定シートの上から貼ると液漏れ対策に良いとのお声を頂いております(^-^)



 >次の日ダラダラしていても足を洗う必要もなく、粉末と違って家の中をうろうろ出来るので、休み用に必需品です。

 休日でダラダラと過ごす場合は、粉末タイプをあえて使用するのも良いです(^-^)


 袋の中に入れる粉末を普段より少し多めに入れると、袋の中が吸い出された液でタップンタップンします(^-^)
 凄く効果がでますよ(^-^)

 足に粉末タイプを使用する場合は、必ず足首の下の方をセロテープで1周巻いてくださいね(^-^)
 足首の下の方をセロテープで1周巻くとこにより、濡れた後の転倒の危険性を抑える事ができます。


 ご相談は、電話やEメールで何時でもご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

   
竹酢樹液シート
おすすめ度 ★★★★★maria様2012-07-31 17:05:57
腕やひざの裏に使っています。この時期は汗で荒れることがおおいのですが、これを貼って寝ると翌日にはよくなっています。
お店からのコメント
2012-07-31
maria様、竹酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m


 >腕やひざの裏に使っています。

 粉末タイプの樹液シートは、手先や足先に使用した方が効果も高くお薦めの使用方法です(^-^)

 しかし、その他の部位は粉末タイプで行うのにはコツが要ります。
 その為、その他の部位は通常タイプの樹液シートを使うのが良いです(^-^)



 >この時期は汗で荒れることがおおいのですが、これを貼って寝ると翌日にはよくなっています。

 汗で腕やひざの裏が荒れ、樹液シートを使用し翌日に良くなっているのですかぁ。
 もしかして、腕やひざの裏がアトピー性皮膚炎の炎症で少しむくんでおられますか?


 症状も直接見ていませんから正確には把握できませんが、少し炎症部が深い(むくんでいる?)様な感じにも思えました。


 ご相談が御座いましたら、何時でも電話やEメールでご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

   
竹酢樹液シート
おすすめ度 ★★★★★RADICAL様2012-07-11 16:52:02
使いやすいです。根気強く治療していきます。
お店からのコメント
2012-07-12
RADICAL様、竹酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m


 >使いやすいです。

 弊社竹酢樹液シートを、お褒め頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m

 弊社商品は、現状に満足せずに常に改良を重ねて行きたいと思っております。



 >根気強く治療していきます。

 アトピー性皮膚炎は、原因の特定と対策が必要となります。

 何故ならば、アトピー性皮膚炎の原因となっているアレルゲンが樹液シートで排出するよりも多く入って来ている場合は効果が殆どでません。


 この原因を特定するのは、

  1.日頃の行動を日記に記す。
  2.体内アレルゲンを排出する。

 上記2条件が重要となります。


 日頃の行動を記しておくと、アトピー性皮膚炎症状の変化が何によって起きているか判断が付きやすくなります。

 そして、アトピー性皮膚炎の症状変化を把握しやすくするには体内アレルゲン量が少なくないと症状変化は現れにくいです。
 ですから、なるべく体内アレルゲン量を減らす事が重要となります。


 ご相談は電話やEメール等何時でもご連絡ください(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

   
竹酢樹液シート
おすすめ度 ★★★★★MAL様2012-07-11 16:50:25
夏場は特に汗で濡れるので助かります。何とか頑張ってみます
お店からのコメント
2012-07-12
MAL様、竹酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m


 >夏場は特に汗で濡れるので助かります。

 来年、樹液シートのバージョンアップをできないか検討を致しております。

 まだ、確定事項では無く検討を進めている段階です。
 バージョンアップした場合は、効果発生までの時間短縮や性能アップも図れると思います(^-^)



 >何とか頑張ってみます

 アトピー性皮膚炎の場合、原因の追及なども非常に重要な検討項目だと思います。

 折角のお取引ですから、色々とご相談頂ければと思います(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

   
竹酢樹液シート
おすすめ度 ★★★★★竹酢サイコー様2012-07-03 02:19:32
手のひら、手の甲、指などに使用しています。
足の裏にも昼間に使用することもあります。
手のひら等は夜寝る前に貼って、朝にはしみ出ている状態です。
足の裏にも朝に貼れば、夕方には靴下まで染み出てべとべとしています。
それだけ体が汚いんだなぁと。。。
他社のも使用していましたが、やはり竹酢シートは違います!
朝には外さないと染み出してべたべたなので、もう少し長い時間使用できるようにグレードを下げてもいいかなぁと思っています。

早くアレルゲンを出したかったら、
(1)竹酢シートを夜寝る前に貼って、朝に張り替えて夕方まで
(2)木酢か樹液シートを夜寝る前から夕方(染み出すまで)
だったら、やはり(1)のほうが効果的なんでしょうか?
お店からのコメント
2012-07-03
竹酢サイコー様、竹酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m


 >手のひら等は夜寝る前に貼って、朝にはしみ出ている状態です。
 >足の裏にも朝に貼れば、夕方には靴下まで染み出てべとべとしています。

 固定シートの上から、適当な大きさに切ったペットシーツを貼ると漏れないとのお声を頂いております(^-^)
 皆様にご好評の対策ですので、是非お試しください(^-^)



 >他社のも使用していましたが、やはり竹酢シートは違います!

 弊社の竹酢樹液シートを、お褒め頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m
 更に使いやすい様に、改良をして参りたいと思っておりますm(_ _)m



 >朝には外さないと染み出してべたべたなので、もう少し長い時間使用できるようにグレードを下げてもいいかなぁと思っています。

 基本的に何処の樹液シートでもそうなのですが、樹液シートの性能は濡れ方です。
 濡れる程効果があります。

 弊社の通常タイプの樹液シートは、中の粉末が無くなるまで効果が続きます。
 ですから、中の粉末が無くなるまで使い切ると費用対効果も良いですよ(^-^)



 >早くアレルゲンを出したかったら、

 1.寝る際は、手先と足先は粉末タイプでお手入れを行う。
 2.通常タイプは、中の粉末が無くなるまで貼り続ける。

 上記になりますね。


 木酢か竹酢のどちらが良いかですが、木酢で十分濡れるのでしたら木酢でも良いと思います(^-^)
 とにかく、樹液シートは続けないと効果は出ません。

 いくら竹酢グレードが効果が高いと言っても、各お客様によって排出できるアレルゲン量は決まっていると思います。
 その排出量を遥かに超える性能を持っていても、性能を使い切る事はできないのです。

 ですから、高グレードに拘らず樹液シートを使用して濡れ方が満足できれば、そのグレードを毎日使う事が重要だと思います(^-^)


 もっとご相談が御座いましたら、電話やEメール等でご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

   
竹酢樹液シート
おすすめ度 ★★★★★TACICA様2012-06-28 21:26:37
やはりおしりに貼るときが一番濡れます。お腹や背中に貼るときは腹巻きを使って、太もも等に貼るときはヒートテックを重ね着するなど、上手く皮膚と接触させる工夫の参考になったら嬉しいです。
お店からのコメント
2012-06-29
TACICA様、竹酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m


 >やはりおしりに貼るときが一番濡れます。

 そうですね。

 お尻の中でも、アトピー性皮膚炎の方は椅子に座った際に椅子に接触する部分が一番濡れやすいと思います(^-^)



 >お腹や背中に貼るときは腹巻きを使って、太もも等に貼るときはヒートテックを重ね着するなど、上手く皮膚と接触させる工夫の参考になったら嬉しいです。

 ヒートテックは良い案ですね(^-^)

 ヒートテックは、発汗の水分を吸って発熱する布です。
 樹液シートも、発汗して気化した汗が粉末を溶かし、その液が皮膚に付着して効果を発揮します。

 ですから、体が温まって発汗量が増えると効果を発揮しやすくする事ができます。


 ただ、お腹や背中、太もも等は、樹液シート効果を発揮しにくい場所でもあります。

 使用して濡れる場合は問題が御座いませんが、もっと濡れる場所があるのでしたら、その場所に貼った方が良いです。


 体内の水分は、血液やリンパ液で循環をしています。
 樹液シートを1部分に使用しても、最終的には体内アレルゲンを全体的に下げる事ができます。

 上記の視点は、非常に重要だと思います(^-^)


 ご相談は、何時でも電話やEメール等でご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致します。

   
竹酢樹液シート
おすすめ度 ★★★★★やまもと様2012-06-26 14:15:28
やはり今のところこれが一番必要な商品かもしれません。
手放せないものになっています。
セール価格で買うことができ、うれしいです。

以前は粉末のものを両手足毎日(しかも竹酢)使用していた時期がありました。そのときは体のアトピーがかなり収まってきていたのですが、その分手の甲、足の甲に出てきてしまい。かなりひどくなってしまいました。グレードを落とした粉末にしてみても、患部に粉が触れるだけで小さい水ぶくれのようなものが出てきてしまう状態でした。ですので今は手のひら、足の裏のみに使用できるこちらを愛用しています。粉末のほうが全身には効くかなと思いましたが、しっかり治るまではこちらを使っていきます。お蔭様でかなり治ってきました。

以前はスプレーで水を皮膚に吹きかけてから貼っていましたが、ときどきあんまり濡れないことがあって、こちらでアドバイスいただいたようにシートにもひと吹きしてから貼るとかなりしっかりべとべとになるようになりました。

これからも使っていきたいと思っております。
お店からのコメント
2012-06-26
やまもと様、竹酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m


 >やはり今のところこれが一番必要な商品かもしれません。
 >手放せないものになっています。
 >セール価格で買うことができ、うれしいです。

 弊社の竹酢樹液シートをお褒め頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m

 弊社と致しましても、セールをご活用頂き嬉しく思っております(^-^)
 今後も開催を致しますのでご参加くださいm(_ _)m



 >以前は粉末のものを両手足毎日(しかも竹酢)使用していた時期がありました。そのときは体のアトピーがかなり収まってきていたのですが、その分手の甲、足の甲に出てきてしまい。かなりひどくなってしまいました。グレードを落とした粉末にしてみても、患部に粉が触れるだけで小さい水ぶくれのようなものが出てきてしまう状態でした。

 小さな水ぶくれは、アレルギー反応が大きい際に起きるようです。
 樹液シートによるアトピー性皮膚炎治療は、体内アレルゲンを体外に排出する事により、アトピー性皮膚炎を発症できない様にする事です。

 花粉症は、花粉がアレルギーとなって花粉症が発症します。
 この花粉症は、花粉が飛散する時期にしか発症はしません。

 アトピー性皮膚炎もアレルゲンが無い状態ですと発症はしないのです。

 樹液シートを使用する事により吸い出されたアレルゲンにアレルギー反応を示す事もあります。
 しかし、体内アレルギー濃度自体は下がっていますから、実際の症状は軽くなっています。続ける事により、この吸い出されたアレルゲンによるアレルギー反応は少なくなってきます。



 >今は手のひら、足の裏のみに使用できるこちらを愛用しています。粉末のほうが全身には効くかなと思いましたが、しっかり治るまではこちらを使っていきます。お蔭様でかなり治ってきました。

 そうですかぁ。

 粉末を手の平と足裏だけに付着する様にしても辛いのでしたら、通常タイプの樹液シートを選んだ方が良いかも知れないですね。

 アトピー性皮膚炎もかなり治ってきたとの事ですから、日々の生活による体調変化を観察すると良いですよ(^-^)


 ご相談は、何時でも電話やEメール等でお気軽にご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

   
竹酢樹液シート
おすすめ度 ★★★★☆オカメインコ様2012-06-20 20:14:15
夜寝る前に濡らしてから貼っています。朝剥がしてみると、溶け残りの固まりがありがっかりします。ただ、すぐ寝たい時は粉末を使うより楽チンなので、重宝してます。
お店からのコメント
2012-06-21
オカメインコ様、竹酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m


 >夜寝る前に濡らしてから貼っています。朝剥がしてみると、溶け残りの固まりがありがっかりします。

 樹液シートは、必ず全ての粉末が溶ける訳ではありません。
 各個人の体質や体内老廃物の量によって溶け方が変わってきます。


 樹液シートが溶ける理論は、

  1.気化した汗が樹液シートの粉末を溶かす。
  2.溶けた液が皮膚に付く。
  3.皮膚に付いた液が、体内老廃物を体外に排出しようとする生理現象を補佐する。


 上記の様になります。

 体内老廃物の量が増えると発汗量も増えます。これは、発汗と共に老廃物を流し出そうとする為です。
 この状態の場合に樹液シートを使用すると、最初の濡れ出しや濡れてからの体内老廃物を汗と一緒に排出しようとする機能が強く働く為に、樹液シートの溶け方も激しくなります。

 逆に体内老廃物が減ってくると、発汗量も減り樹液シート自体も濡れなくなってきます。


 ですから、樹液シートは必ず全て溶けると言う事では無いと言う事はご認識頂きたいですm(_ _)m



 >ただ、すぐ寝たい時は粉末を使うより楽チンなので、重宝してます。

 そうですね。

 なるべくは粉末タイプをお使い頂くのが良いのですが、どうしてもと言う時は通常タイプでも良いと思います(^-^)


 疑問点が御座いましたら、電話やEメール等何時でもご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

   
竹酢樹液シート
おすすめ度 ★★★★★ARU様2012-06-18 09:28:20
使いやすく良い濡れ具合です。これからも愛用させて頂きます。
お店からのコメント
2012-06-18
ARU様、竹酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m


 >使いやすく良い濡れ具合です。

 弊社竹酢樹液シートをお褒め頂きまして、誠に有難う御座いますm(_ _)m

 しかし、現状商品に満足せずに更に改良を進めて参りますm(_ _)m



 >これからも愛用させて頂きます。

 有難う御座いますm(_ _)m

 何か不具合が御座いましたら、ご遠慮なく電話やEメール等でご連絡くださいm(_ _)m
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m


ページトップへ