購入商品を見る マイページへログイン ご注文方法のご案内 お問い合せ お客様のお声、口コミ サイトマップ
RSS
 
HOME > 樹液シートお客様の お声、口コミ

樹液シートお客様の お声、口コミ

並び順:
141件〜150件 (全1314件)  15/132ページ
最初へ  前の5ページへ  前へ 11 12 13 14 15 次へ  次の5ページへ  最後へ

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ ちぴたん様 2017-03-22 20:06:57
今回も沢山のおまけをありがとうございます。爪の方も真ん中くらいまで新しいのが出てきました。
最近、また頭とおでこに出来てしまいました。大きな、多分じんましんだと思います。
あと足にも出て来てます。かなり痒いです。
指の方も出ては消えの繰り返しです。指先は割れて痛く、粉末がしみすぎるので絆創膏をしてもいいですか?寝る時はビニールの手袋をして粉末を入れ最後に包帯を巻いています。染み出すのが無くなりました。
一日家にいる時も使っています。まだまだ悪いものが出てきそうですが、頑張ってやっていきたいと思いますので。また色々教えて下さい。
お店からのコメント
2017-03-23
ちぴたん様、粉末木酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いましたm(_ _)m


 >爪の方も真ん中くらいまで新しいのが出てきました。

 メールで送って頂いた写真の件ですね。
 また、気になる事が御座いましたら写真をメールに添付してお送りくださいm(_ _)m



 >最近、また頭とおでこに出来てしまいました。大きな、多分じんましんだと思います。
 >あと足にも出て来てます。かなり痒いです。

 ちぴたん様は、花粉症ですか?

 この時期、毎年何らかの症状が出るのならば季節性の物が原因の可能性が御座います。

 花粉と言えば花粉症を思い浮かべる方も多いと思います。
 しかし、花粉が原因でアトピーが悪化する方も多いです。


 もし、花粉が原因の可能性が有る場合は、花粉対策用の網戸に変えたり空気清浄機、外出時のマスク及び眼鏡、帰宅時のドア前での花粉落とし等をできる事から始めると良いと思います(^-^)



 >指の方も出ては消えの繰り返しです。指先は割れて痛く、粉末がしみすぎるので絆創膏をしてもいいですか?

 絆創膏も良いですよ。


 しかし、医師と相談して指先にステロイドの密閉治療をしてみても良いと思います。

 ステロイド外用薬を指先に塗ってビニル手袋を嵌めてから手袋をしたり、ラップで密封して寝るのです。
 ステロイド薬が浸透しやすくなり炎症も消えます。


 炎症が消えてから粉末タイプ樹液シートを使用するのです。
 この方が苦痛無く早く治療を進める事ができると思います(^-^)



 >寝る時はビニールの手袋をして粉末を入れ最後に包帯を巻いています。染み出すのが無くなりました。

 包帯は、手首から染み出るのを防ぐ役割ですか?

 それでしたら、トイレットペーパーの長さを長くして手首に巻いても良いと思いますよ(^-^)



 >一日家にいる時も使っています。まだまだ悪いものが出てきそうですが、頑張ってやっていきたいと思いますので。また色々教えて下さい。

 アトピー治療は、体内アレルゲンを排出させる為に地道に続けないと効果は出ません。
 このまま続けると変化が出てくると思いますよ(^-^)


 少しでもお困りの事が御座いましたら、いつでも電話やEメール等でご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ アト貧様 2017-03-15 10:11:22
この時期、花粉症に悩まされますが、今年は今のところたいした被害を感じなく過ごせていました。でも一昨日辺りから、両掌にガサガサする部分が生じ、痒さは感じないものの、若干ひっかるので、気になり引っ掻くと相変わらず皮膚が剥がれて悪化・・・というパターンになりそうです。ここで我慢できるかどうかで、結果が大きく変わるので、なるべくそこに囚われないようにしたいと思っています。
最近運動を怠っていたら、あちこちにその弊害が出てきていることを強く意識するようになりました。多分血流にも影響があるのだと思います。足の裏にシートを貼るだけではダメなんだと思いますが、シートを貼ると、とにかくよく眠れるし、疲れがとれるのは実感しています。アトピー対策で取り入れたので、良くなったら縁が切れるかも?と考えていましたが、これは多分ずっと手放せないと思うようになりました。転ばぬ先の杖という感じ。
頼るというより、お守り的な存在となっています。
お店からのコメント
2017-03-23
アト貧様、樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いましたm(_ _)m


 >この時期、花粉症に悩まされますが・・・でも一昨日辺りから、両掌にガサガサする部分が生じ・・・

 花粉と言えば鼻水や目の痒みを思い浮かべる方も多いですが、アトピーの方は皮膚の炎症に繋がる方も多いですよね(^_^;)



 >気になり引っ掻くと相変わらず皮膚が剥がれて悪化・・・というパターンになりそうです。ここで我慢できるかどうかで、結果が大きく変わるので、なるべくそこに囚われないようにしたいと思っています。

 アトピーで痒くて掻くのは、爪が綺麗でしたら問題御座いません。
 掻けという信号が出ているので掻いて当たり前なのです。


 しかし、掻くのが問題な事が御座います。

 それは、癖で掻く事です!
 アトピーの方は、掻く事が多いので何となく掻きたくなる事が有ると思います。

 しかし、掻いてしまうと痒みが起きたり皮膚の荒れから痒みが起きたりする事も御座います。
 ですから、痒い時以外は掻かない様に意識する事が重要です!



 >最近運動を怠っていたら、あちこちにその弊害が出てきていることを強く意識するようになりました。多分血流にも影響があるのだと思います。

 弊社も運動は大切だと思います。

 運動と言っても、マラソンや高負荷重量のトレーニングでは無くもう少し軽い運動ですね(^-^)
 アトピーは活性酸素が関係していますので、ある程度症状が落ち着くまでは息を切らせるまでの運動は避けた方が良いと思います(^-^)



 >アトピー対策で取り入れたので、良くなったら縁が切れるかも?と考えていましたが、これは多分ずっと手放せないと思うようになりました

 花粉がアトピーに影響して居る場合は、難しいかもしれませんね。


 ただ、網戸を花粉対策用の物に変えたり、外出時のマスク及び帰宅時のドア前の花粉落としや空気清浄機等である程度は対策できるかもしれません。
 できる事からお試し頂くと良いと思います(^-^)


 お困りの事が御座いましたら、いつでも電話やEメール等でご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ れいな様 2017-02-19 00:47:57
アトピー治療の為購入しました。ずっとアトピーに悩まされて、ステロイドと投薬続けてます!子供(生後10ヶ月)も一緒に使わせてもらっています。1ヶ月続けています。変化は自分でも子供でも感じています(^-^)これから末永くお世話になりそうです!素敵な商品をありがとうございます。やはりアトピー治療は木酢が合っていると思います。刺激も気にならず継続できそうです。
お店からのコメント
2017-02-19
れいな様、粉末木酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いましたm(__)m


 >アトピー治療の為購入しました。

 弊社の粉末木酢樹液シートを、アトピー治療にご使用頂きまして誠に有難う御座いますm(__)m



 >ずっとアトピーに悩まされて、ステロイドと投薬続けてます!

 ステロイド外用薬を嫌がる方が多いですが、アトピー治療にステロイド外用薬を使用する事は問題御座いません。


 アトピーは、身体が異物とみなしてしまったアレルゲンを皮膚から体外に排出して身体への影響を下げようとする生理現象です。
 アトピーは、病気と言うよりも身体への影響を守る防衛反応です。

 ステロイド薬は、このアレルゲンを皮膚から排出して身体への悪影響を低減させる為の生理現象を抑え込んでしまいます。
 その結果、今まで使用してきた量と強さのステロイド薬ではアトピー症状を抑えられなくなってくるのです。


 この話ですと、ステロイドはやっぱり悪では無いかと思われる方もおられると思います。
 しかし、体内に溜まってしまうアレルゲンを排出してあげればステロイド薬を使用していても問題無いと言う事です(^-^)

 樹液シートは、体内のアレルゲンを排出しますのでステロイド薬を使用しても問題は無いのです(^-^)
 無論、アトピー症状が引いてから樹液シートの使用を止めてもリバウンドは起きません(^-^)



 >子供(生後10ヶ月)も一緒に使わせてもらっています。1ヶ月続けています。変化は自分でも子供でも感じています(^-^)

 気がかりなのは、粉末タイプ樹液シートはビニル袋で足先や手先を包む為にビニル内がヌルヌルになり滑り易いです。

 ですから、お子様を抱く際に転倒や手を滑らしたりしないか心配です。
 その点はお気を付けくださいm(_ _)m



 >これから末永くお世話になりそうです!素敵な商品をありがとうございます。

 弊社こそ宜しくお願い致しますm(_ _)m



 >やはりアトピー治療は木酢が合っていると思います。刺激も気にならず継続できそうです。

 弊社もアトピー治療には、木酢グレードが向いていると思います(^-^)


 ご相談が御座いましたら、いつでも電話やEメール等でご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ とらぴよ様 2017-02-18 04:41:37
昨年末に脚の手術を受けて、脚全体がひどくむくんでしまったので、他社の樹液シートをあわてて購入しました。御社は年末年始の休業中だったので、やむを得ずです。他社のものはあまり効果がなく、やはり御社のものでなければと思って、休業明けに早速購入しました。むくみの取れ方もスッキリ感も全然違います。御社の製品は、お値段は安くないですが、効果はすばらしく、他社のものは安物買いの銭失いでした。これからも、よろしくお願いいたします。
お店からのコメント
2017-02-18
とらぴよ様、竹酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m


 >昨年末に脚の手術を受けて、脚全体がひどくむくんでしまった。

 その後脚の調子は如何でしょうか?

 一時的なむくみなら良いのですが・・・
 もし、酷くなる様でしたらいつでもご相談くださいm(_ _)m



 >御社は年末年始の休業中だった。

 ご不便をおかけ致しまして申し訳御座いませんでしたm(_ _)m



 >むくみの取れ方もスッキリ感も全然違います。御社の製品は、お値段は安くないですが、効果はすばらしく。

 お褒め頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m


 弊社は、樹液シート製造に関してあらゆる改善の為に毎回少しずつ変更をかけながらの生産をしております。

 変更内容は、性能を上げる為だけで無く生産面でも問題を解決する為です。
 樹液シートの性能を上げようとすると、生産時の不良率も凄い高くなります。


 最近、セールを行っていないのは、樹液シートの臭いが強くなったとのお声もありましたので材料の見直しや製法及び生産時の不良原因の追及と打開策を行っているのも御座います。
 中途半端な商品をご提供するよりもちゃんと対策してからセールを行いたいと思っております。

 不良率に関しては対策できた物も御座いますが、今後経過を見ていかないと不良が改善されたか分からない物も御座います。
 早くセールのお知らせができる様に致しますm(_ _)m



 >これからも、よろしくお願いいたします。

 はい(^-^)

 ご相談が御座いましたら、いつでも電話やEメール等でご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ クマ太郎様 2017-02-13 20:53:53
通常の粉末木酢樹液シートと交互に気分転換みたいな感じで使っています。ビタミンC効果で少しでも肌がきれいになればと思います。
お店からのコメント
2017-02-18
クマ太郎様、粉末ビタミンC誘導体木酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いましたm(_ _)m


 >通常の粉末木酢樹液シートと交互に気分転換みたいな感じで使っています。

 そうですね(^-^)

 添加物の違いによって樹液シートの性能に差が出ない様に調整して御座いますので、気分転換で使い分けて頂ければ良いと思います(^-^)



 >ビタミンC効果で少しでも肌がきれいになればと思います。

 ビタミンC誘導体では、アトピー性皮膚炎には直接的な効果は出ないと思います。

 しかし、皮膚の乾燥などによってアトピー性皮膚炎が悪化していく場合には効果は出るかもしれませんね(^-^)


 ご相談等が御座いましたら、いつでも電話やEメール等でご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんをお願い致しますm(_ _)m

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ クマ太郎様 2017-02-13 20:48:36
いつもお世話になっています。
商品到着後からほぼ毎晩使用しています。粉の量も翌日何時ごろまで装着できるか時間によって変えて効果を最大限に発揮できるようにしています。
前回の購入分が終了し間が空いてしまったため多少ぶり返しがありますが足の甲の皮膚が薄い部分のかゆみと液体が滲み出てくる症状がだいぶ緩和されました。他にも背中やももの部分もかゆみが緩和され皮膚の潤いが少し戻った感じがします。
まだ乾燥やかゆみの症状が残る手先もやりたいところですがあかぎれがひどいのでそれが治まったら再開したいと思います。
できるだけ長い時間樹液シートを使えるようにして早くアレルギー反応がなくなるようにしたいです。今後もよろしくお願いします。
お店からのコメント
2017-02-17
クマ太郎様、粉末木酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いましたm(_ _)m


 >いつもお世話になっています。
 >商品到着後からほぼ毎晩使用しています。

 弊社こそ、いつもお世話になりますm(_ _)m

 毎日使用する事は、非常に良いと思います(^-^)
 アレルゲンが毎日体内に入ってくる場合は、使用しない日は体内にアレルゲンが蓄積する事になる為です。



 >粉の量も翌日何時ごろまで装着できるか時間によって変えて効果を最大限に発揮できるようにしています。

 粉末量は、各個人様の体調や使用時間によりまちまちです。

 粉末タイプの場合は、ビニル内の樹液溶液が薄まるまで効果が続きます。
 ですから、粉末が溶けてからの装着時間を長めに取ってあげるのが効果的な使用方法となります(^-^)



 >前回の購入分が終了し間が空いてしまったため多少ぶり返しがありますが足の甲の皮膚が薄い部分のかゆみと液体が滲み出てくる症状がだいぶ緩和されました。

 アトピーの原因となっているアレルゲンの特定はできているのでしょうか?
 できていないのでしたら、普段の行動をノートに記載して体調変化と照らし合わせると判断がしやすいです(^-^)



 >まだ乾燥やかゆみの症状が残る手先もやりたいところですがあかぎれがひどいのでそれが治まったら再開したいと思います。

 手のあかぎれ原因はお分かりですか?


 元々の炎症に加え、空気の乾燥や手洗いなどであかぎれができた場合は粉末タイプ樹液シートを使用するとあかぎれが改善する可能性も御座います。

 何故ならば、あかぎれの原因が体内アレルゲンによる炎症が起因となっているからです。
 最初は少し染みるかもしれませんが、少しアレルゲンを排出した後にステロイド外用薬で炎症を取るのを繰り返して行く治療法が良いとは思います(^-^)



 >できるだけ長い時間樹液シートを使えるようにして早くアレルギー反応がなくなるようにしたいです。

 そうですね(^-^)

 あと、現在もアレルゲンが体内に入ってきている様なので原因物質を特定し対処するのも必要かと思います。

 アレルゲンの特定にお困りでしたら、いつでも電話やEメール等でご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ ちぐりん様 2017-02-01 21:58:45
色々な種類のシートを試すのに便利だと思います。

いつもは粉末を使用してますが、夜遅く眠い時に粉末をセットするのが面倒な時や、アトピーが上半身に出てるので、お腹などに貼って一日過ごしたりするのにシートを使用してます。

寝る時は手足に粉末を使用し、上半身には一日シートを貼ってお手入れする事により、より多くのアレルゲンが引き出せれば良いなと思います。
お店からのコメント
2017-02-17
ちぐりん様、各種樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いましたm(_ _)m

 また、お返事が遅くなりました事お詫び致しますm(_ _)m


 >色々な種類のシートを試すのに便利だと思います。

 有難う御座います(^-^)

 各種樹液シートは、弊社を初めてご利用頂く際にどのグレードを選んだら良いか判断頂く為にご用意致しました。
 無論、今までご利用頂けているお客様も何度でもご購入可能です(^-^)


 各種樹液シートは、

  ・木酢樹液シート 8枚
  ・樹液シート    6枚
  ・竹酢樹液シート 6枚

 の構成になっており、一つの製品を購入頂ければ全グレードお試し頂ける便利な商品です(^-^)



 >いつもは粉末を使用してますが、夜遅く眠い時に粉末をセットするのが面倒な時や、アトピーが上半身に出てるので、お腹などに貼って一日過ごしたりするのにシートを使用してます。

 粉末タイプを使うのが億劫な場合に、シートタイプ樹液シートを使われる方も多いです(^-^)


 また、シートタイプは足裏や掌だけで無く気になる部分に使用しやすいのもメリットだと思います(^-^)

 ただ、樹液シートは発汗しにくい場所では効果を発揮し難いです。
 ですから、足裏や掌では無い場所にご使用頂く場合は樹液シートの白い面をアトマイザー(霧吹き)で3〜4回水かぬるま湯を吹き掛けて貼って頂くと良いと思います(^-^)



 >寝る時は手足に粉末を使用し、上半身には一日シートを貼ってお手入れする事により、より多くのアレルゲンが引き出せれば良いなと思います。

 最適なご使用方法だと思います(^-^)

 手先と足先を粉末タイプでお手入れする効果をシートタイプで求めようとすると、使用枚数も膨大となりセットするだけでも一時間以上かかります。
 ですから、効果を求める場合は粉末タイプを手先と足先に使用するのが重要だと思います(^-^)



 なお、弊社のシートタイプ樹液シートは増量剤を含んでいない為、中の粉末が無くなるまで効果が続きます(^-^)
 貼り続ける事が可能な場合は、中の粉末が無くなるまでお貼りくださいm(_ _)m


 お困りの事ができましたら、いつでも電話やEメール等でご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ ちぐりん様 2017-02-01 13:09:35
今回、4年振りにアトピーが悪化してしまい、久しぶりにわんわんさんの樹液シートを使用することになりました。
悪化の理由は、食事内容(肉、卵、チーズの過剰摂取)によるものでした。
血液検査によるコレステロール値が低いため、タンパク質を多めに摂取していたためです。
アトピー悪化の原因となる食材を減らしたものの、一度発症したアトピーはすぐに良くなることはなく、ぐずぐすしていたら悪化の一途を辿ってしまいました。

まずは4年前に大活躍した木酢の粉末にお世話になることにしました。
私の場合、4年前の経験から手の甲には振りかけず、手のひらだけに振りかけることにしてます。
手の甲が酷く荒れてしまうためです。

また、寝る時に足に粉末を使用するのが苦手で(ビニールをして靴下履くと蒸れて暑くなり眠れないため)、まずは手だけで治療を始めたところ、顔の炎症は比較的早く退き、手の炎症もすぐに落ち着きました。
何より、夜熟睡出来ることと、痒みで目が覚めなかったのが良かったです。
やっぱりわんわんさんの商品はスゴいと実感しました。

しかし、背中と胸、脇はいつまでも痒みと炎症が退かず、またお正月の暴飲暴食でアトピーはさらに広がってしまい、落ち着いていた顔にも症状が出るように…。
明らかに手だけのデトックスでは治療が足りないことを実感。
足にも粉末を使用することに。
蒸れて暑くなり眠れなくなるのでは…と不安でしたが、ビニールの上は靴下ではなく、足先とかかとが覆われていないサポーターにしたところ、靴下よりも熱がこもらず、なんとか眠れることが出来たので、これからはこの作戦で頑張ることにしました。

足に粉末をつけた初日の朝は、すごい量の液体が出ていてビックリしました!
それと同時に、これだけ体に溜まってたモノがあったんだなぁと実感。
足に使用し始めたら少し炎症が退いたりするのですが、やはり上り調子とは行かず、炎症が出たり退いたりしてます。
まだまだアレルゲンが体に溜まっているのと、何か他にアレルゲンを取り込んでることも考えられるため、色々と注意深く観察していきたいと思っています。

今回久しぶりにわんわんさんの商品を使用するにあたり、お客様の声に対するわんわんさんの回答も過去のものから読んで勉強させてもらってます。

私の現在の状況は上半身のみですので、何とか夏までには快方に向かわせたいです!
お店からのコメント
2017-02-17
ちぐりん様、粉末木酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いましたm(_ _)m

 いつもご利用頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m
 お返事が遅くなりまして申し訳御座いませんでしたm(_ _)m



 4年振りにアトピーが悪化したとの事ですが、原因も把握されておられる様ですから対策は立てやすいですね(^-^)

 タンパク質の摂取ですが、お肉にも牛豚鳥魚と有ります。
 それぞれで体への影響が違ってきますから前述の魚から牛に向かって少しずつ試すのも良いと思います。



 粉末タイプ樹液シートは手先や足先に使用する場合、手首から先や足首から先全体に粉末を振り掛ける使用方法が基本です。

 ですが、皮膚の薄い甲側に粉末が付着すると排出されたアレルゲンによって炎症が起きる場合も御座います。
 その場合は、ちぐりん様の様に皮膚の厚い手のひらだけに振り掛ける方法が良いです。

 それでも甲側の炎症に悩む場合は、シートタイプ樹液シートを手のひらに使用するのが良いです(^-^)


 粉末タイプでビニル袋を足に被せると蒸れて熱く眠れないとのお声も頂きます。

 ちぐりん様の場合は、靴下を使用するのでは無く足首サポーターをご使用なさったのですね。
 足首サポーターで熱が篭もらないのでしたら、それで良いと思います(^-^)

 ただし、ビニルと皮膚の間に空間ができると、最悪樹液シートの効果が発揮できない状態になります。
 ですから、なるべく足首サポーターを装着する際に足先と踵の空気が抜ける様にセット頂きたいです(^-^)



 あと、お声で気になったのが『暴飲暴食』の部分です。

 暴飲とはお酒ですかね?
 お酒は、分解時にアセトアルデヒドと言う毒物ができます。

 このアセトアルデヒドは、シックハウス症候群の原因となっているホルムアルデヒドと非常に似た物質でホルムアルデヒドの代替品として使われる事も多いです。


 ですから、お酒を飲まれるのでしたらお酒を少しの間止められるのも良いと思います。
 それで体調の変化が出れば、お酒が原因の一つでしょう。


 何かご質問やご相談が御座いましたら、いつでも電話やEメール等でご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ きみ様 2017-01-26 07:29:39
成人性アトピー対策として、わんわんさんの樹液シートを数年間利用しています。おかげさまで、アトピーの状態はとてもよくなり、ほとんど痒みを感じることはなくなりました。2年くらい手と足と首に、一番弱いタイプのシートを毎晩利用しました。今は、もう一つ上のランクのシートを首につけ、汚れないようにタオルを首に巻いて寝ています。アトピーを悪化させないためには、毎日アレルギー物質を体から排出することが大切なので、わんわんさんの樹液シートを今後も使っていこうと思っています。
お店からのコメント
2017-01-30
きみ様、樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いましたm(_ _)m


 >成人性アトピー対策として、わんわんさんの樹液シートを数年間利用しています。

 長年に渡り弊社の樹液シートをご愛用頂きまして誠に有難う御座いますm(_ _)m



 >おかげさまで、アトピーの状態はとてもよくなり、ほとんど痒みを感じることはなくなりました。

 アトピーの状態が良くなったのは、きみ様の努力の賜です(^-^)

 樹液シートは、中身の粉末がアトピーを抑える効力がある訳では御座いません。
 要するに、薬のアトピー性皮膚炎を抑える消炎効果とは全く違うのです。


 樹液シートは、体内のアレルゲンを排出しアトピー症状を発症出来ない様にしているのです。

 ですから、樹液シートは体内のアレルゲンが減少するまで使い続けるしか御座いません。
 アトピーを発症してから長い年月を過ごした大人は、体内に多量のアレルゲンを溜め込んでいる場合も御座います。

 ですから、その状態まで治療を続けられたきみ様の努力の賜なのです(^-^)



 >2年くらい手と足と首に、一番弱いタイプのシートを毎晩利用しました。今は、もう一つ上のランクのシートを首につけ、汚れないようにタオルを首に巻いて寝ています。

 アトピー治療の場合、手先と足先に樹液シートを使用して頂ければ体全体のアレルゲンを抜く事は可能です。
 何故ならば、血液やリンパ液が全身を回っている為に体内アレルゲンも一緒に回っている為です。


 ですが、アトピー患部に貼った方が効果は高いです。

 お顔のアトピーを抑えたい場合は、首や額に樹液シートを貼って頂くと効果が出やすいです(^-^)

 首や額に樹液シートを貼る場合は、アトマイザーで水やぬるま湯を3〜4拭き樹液シートに吹き掛けて貼り付けると効果を発揮し易いです(^-^)


 ご相談等が御座いましたら、いつでも電話やEメール等でご連絡くださいね(^-^)
 今後とも樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m

おすすめ度 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ tomotomo様 2016-12-19 23:39:55
年末年始の休みの間に集中して使用したいと思います。
お店からのコメント
2017-01-03
tomotomo様、粉末木酢樹液シートのお声を投稿頂きまして誠に有難う御座いましたm(_ _)m


 >年末年始の休みの間に集中して使用したいと思います。

 長期休みを利用して、集中的に治療に専念する事は非常に良いことです。


 アトピー性皮膚炎等の場合は、樹液シート使用部に炎症が起きる場合が御座います。

 この炎症は、皮膚上に排出されたアレルゲンによって炎症が引き起こされます。
 しかし、樹液シートを使い続ければ体内アレルゲンの減少と共に消滅していきます。


 長期休暇の場合、この治療時に起きる炎症を家庭内でのコントロールする事ができます。
 お務めや学校に行かれる場合は、この炎症が気になる方も多いと思われますので長期休みを利用する事は重要とも言えます。


 冬期に粉末タイプ樹液シートを使用する場合に、体内から排出された液で冷えを感じる場合が御座います。
 その場合は、湯たんぽをお使い頂くと冷えで起きる事も無いと思います(^-^)


 ご相談が御座いましたら、いつでも電話やEメール等でご連絡くださいね(^-^)
 今後とも、樹液シートのわんわんを宜しくお願い致しますm(_ _)m
141件〜150件 (全1314件)  15/132ページ
最初へ  前の5ページへ  前へ 11 12 13 14 15 次へ  次の5ページへ  最後へ
review guaranteed by Estore

ページトップへ